カードローン 比較

銀行系と消費者金融系カードローンの違いとは?特徴を比較しよう

消費者金融と聞くと、世間的イメージが良くないためか、そこでのカードローン利用を避けようとする方がいるのは周知の事実です。安心してお金を借りるには、やはり銀行系のカードローンが無難でしょう・・・と、銀行系に走ってしまう消費者もいます。

しかし、盲目的にお金を借りるのではなく、実際に銀行系と消費者金融系のカードローンを比較し、それから借入する業者を選択しても遅くはありません。周りの人が話すイメージや、世間的に広まっている知名度にこだわらずに、先ずは自分でいろいろと調べることをオススメします。そこで、銀行系と消費者金融系カードローンの特徴を比較してみましょう。

銀行系カードローンの大きな特徴と言えば、低金利・高額融資といった点でしょう。特に、少しでも多めに現金を借りたいという時に、融資限度額が大きい銀行系カードローンはとても助かる存在です。そして、銀行系というだけで漂う安心感も大きなメリットです。やはり、不安なくお金を借りたいというのが消費者の本音ですからね。

しかしながら、銀行系は消費者金融系カードローンと比べると、審査に時間を要する場合があります。低金利で高額借りることができる分、審査に時間がかかるのは致し方ないと言えますね。突発的な事情が生じた時でなく、計画性のある借入の時に利用するのが最適な銀行系かもしれません。

それに対して消費者金融系のカードローンの特徴は、審査スピードが速く、即日融資OKという業者がほとんどです。緊急事態が生じて今すぐお金を借りたいという時には、ぜひとも利用したい消費者金融系のカードローンです。銀行系と対照的なのは、審査から融資までの時間が早い分、借入限度額が低めに設定されていることです。

しかし、限度額が低いのはあまり気にしなくて良いでしょうね。急にお金が必要になった~という時、たいていの場合10万円以下の少額です。何百万という大金が急に必要になるという状況は異常ですし、計画性があるとは言い難いでしょう。また、消費者金融の貸付限度額が500万円だったとしても、初めて借入する人に500万円貸し付けることはまずあり得ません。ですから、急用の場合には迷わず消費者金融での借入が最適です。

以上を見ると分かるように、銀行系と消費者金融系、特徴・特色がけっこう違いますね。自分の借入目的とニーズをよく考慮して、最適と思われる系列会社を利用することにしましょう。




このページの先頭へ