カードローン 比較

銀行系カードローンと総量規制の関係とは?

読者の方は、2010年6月にカードローンに関する大きな転機があったことをご存知かもしれません。改正貸金業法が施行され、年収の1/3以上の借入が事実上不可となりました。それ以前は、専業主婦の方でも簡単に借入ができたのですが、それ以降は審査がかなり厳しくなりました。

その法改正により総量規制が敷かれ、信販会社、消費者金融会社等は総量規制の対象となりました。しかし、お気付きかもしれませんが、ここに銀行系という文字が見当たりません。そう、銀行からの借入は総量規制対象外なのです。しかし誤解しないで下さいね。銀行系なら自動的に総量規制の対象外となるわけでなく、銀行本体からの借入が規制対象外ということです。

例えば、アコムやモビットは三菱UFJフィナンシャルグループ、いわゆる銀行系カードローンに属するわけですが、銀行ではないので総量規制対象となっています。多めの額を借りたいという時は、先ずは銀行本体での借入を考慮すると良いでしょう。

銀行本体からの貸し出しに関してですが、銀行は低金利で限度額も高く魅力的なカードローン会社なのは間違いありません。しかし、その分審査は少し厳しいようですし、年収による申込制限を設けている銀行もあるので、銀行で申込みしたい方は、その点を念頭に置いておくのがベターです。

ただし、総量規制対象にも例外があります。例えば、年収が600万円あり、借入200万円しているなら、この時点ですでに年収の1/3を借入していることになります。しかし、医療費等、緊急時にさらにお金を借りたいという場合は、例外規定が適用されお金を借りられる場合があります。こうした例外もあるので、利用する会社の規定を前もって知っておくと便利ですよ。

また、債権者ではなく債務者に一方的に有利となる「借り換え」も総量規制の対象外です。借り換え、つまりおまとめローンなどを利用する場合も年収に関係なく借入が可能ですから、総量規制は全く気にする必要ありません。返済の負担を少しでも軽くするために、思い切って借り換えして下さい。

債務者が自己破産などに陥らないよう、総量規制が敷かれたものの、一定の範囲内での借入には大きな影響はありません。利用した方がお得な場合には進んでカードローンを利用し、上手に生活のやりくりをしましょうね。




このページの先頭へ