カードローン 比較

ブラックリストに載ったら大変!カードローンの返済方法を確認しよう

カードローン会社によって返済期日は異なり、返済方法も少なくありません。返済する気があっても返済方法を知らなければ、返済遅延として事故の記録が信用情報に載ってしまうかもしれません。カードローン利用前には、必ず返済方法を理解しておくべきです。カードローン各社が採用する主な返済方法は、以下の3つです。

①提携DC・ATMを利用しての返済
都市部だけに限らず、農村地域にでも必ずあるのがコンビニですが、そのコンビニにはATMが設置されています。それらATMはたいていの場合、カードローン会社と提携していますので、そのATMを利用して返済ができます。もちろん、店頭ATMやその他提携している金融機関のATMでも返済はできます。

注意点は、毎月の返済期日までに足を運ばないといけない点でしょう。その方が認識が高まって良いという意見もありますが、自動引き落としよりは多少なりとも面倒なのは確かです。

②指定口座からの自動引き落とし
毎月の返済日に、自分が指定した銀行口座から自動で引き落とされる返済方法です。この方法なら払い忘れることはありませんし、支払のために足を運ぶ必要もありませんから、一番楽な返済方法と言えるでしょう。しかし、口座残高が不足したまま返済期日を過ぎると、遅延損害金を徴収されることもあるので注意しましょう。

③インターネット利用で返済
インターネット環境があれば、24時間どこでも返済可能な方法で且つ一番モダン的な返済方法、それがペイジー(Pay-easy)です。あなたの利用するカードローン会社はペイジー対応でしょうか?対応しているなら、その会社のHPから返済ができますよ。ただし、ネットバンキングまたはモバイルバンキングの契約が別途必要ですから、その手続きに関しては自分が利用する銀行に問い合わせ・契約しましょう。

以上のように、3つの返済方法がメジャーなものです。しかし、カードローン会社によっては他の返済方法も用意しているかもしれません。先ずは、自分が利用する会社に返済方法を確認してみましょう。




このページの先頭へ