カードローン 比較

カードローンとキャッシングって同じでしょ?何か違いはあるの?

キャッシングで現金を借りたい、でもどのキャッシング会社で借入申請したら良いのかよく分からない。というわけで、先ずは検索エンジンで「キャッシング 会社」と打ち込んで検索。すると、なぜかカードローンに関するサイトが出現。でもキャッシング関連サイトと同じ金融業者が紹介されている・・・。そんな場面に出くわして、一体キャッシングとカードローンってどんな関係なの?と感じたことはありませんか?

カードローンとキャッシングは言うまでもなく密接な関係があります。一つの角度から見ると、それは同じものを指し、別の角度から見ると若干の相違があります。ですから、ここでカードローンとキャッシングの共通点と相違点をはっきりさせておきましょう。

まず初めに確認しておきたいのは、カードローンとキャッシングは基本的に同じものであるという点です。両者とも、無担保・無保証・使途無制限で利用できます。では、何を理由にカードローンとキャッシングを区別しているのでしょうか。

以前は、カードローンという言葉はマイナーでして、主にキャッシングという言葉が使用されていました。しかし、利息制限法や出資法のからみで、消費者金融会社への過払い問題が社会問題とまでなりました。また執拗な取り立てなども問題となり、キャッシングという言葉へのイメージが相当なまでに悪くなってしまったのです。

現在は、出資法の改正も施行され悪徳業者も激減しましたから、キャッシング自体には全く問題はなく、それどころか以前と比べて安心感をもって現金を借入できる環境が整っています。しかし、消費者の「キャッシング」という言葉への悪いイメージは完全に払拭されていないのが現状です。そのため、あえてキャッシングという言葉を使わずに、カードローンという単語を利用してサービスを展開している業者が少なくありません。

このように、基本的にカードローンとキャッシングの基本的サービスは変わりがありません。しかし、‘イメージ’払しょくのためにカードローンという言葉が使われている傾向があるというわけですね。

ただし、両者のサービスで若干の違いもあります。それは、返済方式です。カードローンはリボ払いが主な返済方式ですが、キャッシングは翌月一括返済または分割返済となります。しかし、業者によっても返済方法は異なりますので、必ず両者の違いがあるわけではありません。自分が利用する業者で返済方式を確認するのが最善でしょう。

以上のように、カードローンとキャッシングには共通点と相違点があること、お分かりいただけたと思います。そんなに複雑な問題ではありませんね。いずれにしろ、現金を借入できるサービスには変わりありませんので、必要な時に上手に利用していきましょう。




このページの先頭へ